Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイングアーム

随分 更新がご無沙汰ですが一応がんばってます。
作業は順調?に進み、ネタは結構溜まっていますが
更新をさぼってるだけです、すいません。。。

今回はスイングアームです。
bl012.jpg
といってもディテールもまだだし、取り立てて特別な工作もありません。
ホントに角材とパイプの集合体です。

例によって角材は実寸縮尺した数値(コンマ2ケタは繰上げ)に近づけます。
以前作ったときはエポパテで作りましたが、
今回はプラ材 1.5、1.0、0.3、0.2、0.1mm厚板などを使った積層です。
パイプは欲しい数値のものが無いので旋盤で削り出してます。

全体の工作自体は難しくありませんが、
組み立てる際は、平らな板、直線、直角が出せるような、
ちょっとした測定具があると便利です。
自分が使ったのはスコヤ、簡易定盤、金スケールです。

最後に実寸からの縮尺が間違っていないか、
数値の誤差(切り上げ捨て)が大きすぎないかなど確認するため仮組します。
スイングアームはフレーム、エンジン、チェーン、ホイール、
ブレーキなど関連するパーツが多いので単品で出来ても安心できません。

画像下でチェーンラインを確認します。
デスクマットのラインを基準に、エンジンクランクケースのセンタ、
スイングアームピボットのセンタ、タイヤのセンタを揃え、
チェーンが通るラインに真鍮線を置いてみました。
いい感じです、フレームまでのクリアランスもとれそうです。

ちなみに実車ではリア周りのスワップの際はここがキモになります。

で、画像ではエンジンが出ていますので次回はエンジンが登場すると思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。