Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジン 腰上

またまたご無沙汰しております。
全然更新していませんが順調に?作業は進んでおります。
まずは あけましておめでとうございました。

というわけでエンジンです。
バイクでは目玉のパーツになるわけですが、
それだけに複雑な形をしています。

今回のエンジンは空冷なのでヘッドやシリンダに冷却フィンがありますので、
まずはその製作です。
blg18.jpg
簡単に説明すると画像のように切り出した板材の積層です。
このやり方は雑誌やネットなどでも知られる通り定番のやり方で、
旧グンゼのハイテックモデルなどもこの方法ですが、
初めて知ったときにはとても感心しました。
方法が解れば簡単かなとも思っていましたが、
実際、実物の形状に合わせるとなると意外に面倒な所もあります。
簡単に「積層でしょ?ハイハイ。」なんて言ってる人がんばってください。。。

作業にかかる前は、データモデリングも考えましたが、
切削方向や採寸箇所の多さ、実物は鋳物で、意外に歪んでいたりしますので、
なので今回は勉強もかねてハンドワークで製作しました。
今回の経験は形を変えてデータモデリングにも生かせると思います。

画像ではヘッドだけですがシリンダーも同じように製作しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。