Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステップペグ

どもです。
久しぶりの更新が随分前のネタで申し訳ないのですが、
M/Cのステップは何を使ったんですか?どうやって作るんですか?
と聞かれたのでその説明です。
聞いてくれた方、随分遅くなり申し訳ありません。。。

まずは欲しいサイズの真鍮パイプ(無ければ削り出した棒、パイプ)を用意して、旋盤でローレットホルダーというアタッチメントにかけます。
blg82.jpg
これをぐるぐる回すと、なんということでしょう!
ローレット加工が出来るんです!
blg83.jpg
しかし、これが簡単そうでむずかしいんです。
ローレット駒にはさんで回すだけなんですが、
挟む位置、強さによって変化するためなかなか綺麗に出ません。
自分は専門的に旋盤加工など習ったりしたわけではないので、
これ一本(ステップ2本分)作るのに凄い時間と
かなりの量の真鍮パイプをダメにしました。
機械があれば出来そうですがやっぱり最後は使う人の技術なんです。
本職さんはすごいなとあらためて感動。
blg84.jpg
あとは旋盤でカット、バリ取りなどします。
三つあるうちの一個は長さを間違えた失敗。
ちなみに画像のヤスリの幅は4mmです。
blg85.jpg
さらに欲しいサイズのプラ材(無ければ削り出した棒、パイプ)を使い、
ダミーステップ(サフ塗りのパーツ)でバランスを見ながらディテールを追加します。
このまま加工を続けても良かったのですが、
ローレット部分でミスをするとやり直しが面倒なので、
この段階でポリパテに置き換え、バンク側を斜めにカットして完成。

と、こんな作り方です、参考になったでしょうか?



レスです。===================================
トップうさを購入させて頂きました。造型もさることながらパーツの合いも素晴らしく本当に素敵な買い物が出来ました。B5やB10のパーツなどは、まるでピストンリングを組んでいるようで妙にワクワクしました(笑)
遅レスすいません。たしかに!自分でもテストショット組んでる時に気づきました、腕の方なんかは特にそんな感じですよね!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。